【札幌】JRタワー展望室タワー・スリーエイトを夕方から楽しむ大人の贅沢

JRタワー展望室
+美しい

地上160mから札幌の街並みを一望できる「JRタワー展望室タワー・スリーエイト」。こちらでは、新三大夜景都市に認定された札幌の夜景を眺められると人気ですが、今回は、夜景だけじゃない大人の楽しみ方をTabi Plus編集部がご紹介♪

展望室は札幌駅直結!駅から外に出ることなく、展望室に行けるのが良いですね。

JRタワー展望室
引用:JRタワー展望室タワー・スリーエイト

JR札幌駅から展望室の受付までは、少しわかりにくいので行き方を解説していきます。

①札幌駅東改札口を出る
②東改札口を出て左側に進む、複合施設「札幌ステラプレイス」に入ります
③ 「札幌ステラプレイス」に入って すぐのセンターエレベーターⅡを利用し6階へ
④エレベーターを降りたら、右へ
⑤「無印良品」を左に曲がると展望室の入り口に到着



入口には券売機があるのでチケットを購入してください。
わからない場合はインフォメーションカウンターがあるので聞いてみて。

エレベーターに乗って、いざ天空の世界へ!

JRタワー展望室
引用:JRタワー展望室タワー・スリーエイト

札幌生まれのグラフィックデザイナーの作品「ダンディライオン コンパス」。エレベーターに乗ると、少し照明が落ち、ほんのりライトアップされたコンパスがまるで綿毛のように見えます。

地上160m、38階に位置する展望室からは、札幌の街並みを360度見渡すことができます。夕方におすすめの理由はこの景色!青い空が夕日に染まり、グラデーションが見事です。

夕日~夜景までの移り変わる街並みを眺めながら大人の時間

「JRタワー展望室タワー・スリーエイト」にある『T’CAFE』。こちらでは、オリジナルカクテルなどのアルコールメニューやコーヒー、軽食、スイーツを楽しむことができます。
大人の時間を楽しむなら、オリジナルカクテルとオードブルがおすすめ♪
オリジナルカクテルはマスカットのお酒ミスティアやグレープフルーツジュースを使った甘さ控えめの「ブルータワー」とテキーラ、ピーチ、パッションフルーツジュースを使いフレッシュさを感じる「スリーエイト」の2種類。どちらも空のように美しいカクテルです。

アルコールと一緒にぜひ楽しんでほしいのが、十勝カマンベールチーズやクリームチーズのほか、スモークサーモンなどが味わえるオードブル。
カクテルを片手にオードブルと景色を堪能するのが大人の贅沢♪

甘い物好きにはハンドメイドのケーキもおすすめ♪

JRタワー展望室

ハンドメイドケーキセットも♪ 写真の「さくらフロマージュムース」のほか、シフォンケーキなどがあり、どれも優しい味わいです。

■T’CAFE
・ラストオーダー/フード22時30分、ドリンク22時45分
・メニュー料金/ブルータワー、スリーエイト各550円、オードブル800円、T’CAFEブレンドコーヒーS300円、M360円、さくらフロマージュムース360円

もちろん夜景も楽しもう♪

のんびり、景色を楽しんでいる間にいよいよ、夜景の時間。宝石箱のような札幌の街夜景も楽しんで。夕方から楽しめば、一層その美しさに心を奪われますよ。


「JRタワー展望室タワー・スリーエイト」は、札幌の街並みをぐるりと見渡すことができ、新三大夜景都市に選ばれた夜景も楽しめると人気の観光スポット。
今回は、夜景だけでなく、夕方からのんびり楽しむ、おすすめの過ごし方をご紹介しました。
ぜひ参考にしてみてください。


■JRタワー展望室タワー・スリーエイト
・住所/北海道札幌市中央区北5条西2丁目5
・アクセス/JR札幌駅直結
・入場受付/JRタワーイースト6階
・営業時間/10時~23時(最終入場22時30分)
・入場料/大人720円、中・高校生500円、小学生・幼児(4歳~)300円

■MAP


ピックアップ記事