【札幌】MORIHICO.がプロデュースした「DAFNE」は北海道の恵みを使った芸術的な料理が魅力

DAFNE
+おいしい

北海道のコーヒーならMORIHICO.と言われるほど、地元民に人気のカフェを運営するアトリエモリヒコがプロデュースしたフレンチベースのレストラン「DAFNE(ダフネ)」。
ジャンルにとらわれない北海道の食材を存分に楽しめる料理の数々に札幌市民も虜に…。人気レストランの魅力に『旅ぷらす』編集部が迫ります!

DAFNE

レストランは、 札幌市営地下鉄・大通駅30番出口直結の複合施設「さっぽろ創世スクエア」内、札幌市民交流プラザの2階にあります。「DAFNE」という店名は、 札幌市民交流プラザにオペラやバレエを楽しめる札幌芸術劇場「hitaru」など芸術や文化を感じることができる複合施設内にあることから、オペラの演目である「ダフネ」と名付けられてそう。

店内は10メートルと高さのある天井、大きな窓がある明るい空間です。

優雅なランチタイムを楽しむなら、まずはスパークリングワインで乾杯♪

DAFNE

特別な休日を過ごすならランチライムも優雅に楽しみたいもの。食前酒にスパークリングワインを味わってみて。イギリスから買い付けたヴィンテージの椅子など非日常感が漂う店内で乾杯すれば、ちょっとセレブ気分に♪

ランチは3種類のコースからセレクト

ランチコースは「BERNINI」、「DAFNE」、「NICOLA」の3種類。イチ押しは、店名と同じ名前の「DAFNE」。料理内容は時期により異なりますが、この日の前菜は、 和と洋のハーモニーを楽しめる 「鰹とマスカルポーネ 緑芽のサラダ」と香草の香り豊かな「雪国放牧豚と道産水蛸のブルギニョン」。美しい盛り付けに思わずうっとりしますね。

DAFNE

メイン料理は肉と魚、パスタからお好みで。編集スタッフは肉料理「北海道仔牛肉とシロ菜のフリカッセ」をチョイスしました。春が旬と言われる柔らかい仔牛肉を使った、上品な味わいが広がる一皿です。

芸術的なデザートも♪

DAFNE

デザートには「酒粕のブラマンジェ 苺とリュバーブ」を楽しみました。北海道産のリュバーブと春らしい苺、ほんのり酸味のある酒粕が好相性です。エディブルフラワーをまとったデザートはかわいらしい見た目も魅力です。
デザートと一緒にMORIHICO.のコーヒーを味わうのがおすすめ♪

■ランチメニュー
・BERNINI(ベルニーニ)1600円
・DAFNE(ダフネ)2400円
・NICOLA(ニコラ)3500円
※上記コースはソフトドリンク1杯付き

・スパークリングワイン800円
・本日のワイン(赤・白)700円


「DAFNE」はMORIHICO.がプロデュースした人気のレストラン。シェフが農家や漁港に直接足を運び、厳選した北海道の食材だけを使った料理の数々をぜひ一度味わってみて。フレンチをベースにし、食材のおいしさをひきたてる調理法にファンも多く、満席になることも。利用する場合は予約がおすすめですよ。

同ビルの1階には、MORIHICO.のカフェもあるので食事を楽しんだ後にのんびりするのも良いですね。

■RESTAURANT DAFNE(レストラン ダフネ)
・住所/ 北海道札幌市中央区北1条西1丁目 札幌市民交流プラザ2階
・アクセス/地下鉄「大通」駅30番出口直結
・営業時間/日・木・祝11時~22時(フードLo.21時、ドリンクLo.21時30分)、金・土・祝前日11時~23時(フードLo.22時、ドリンクLo.22時30分)
※11時~15時はランチタイム、14時~17時はティータイム
・定休日/不定休
・公式HP/https://dafne.morihico.com/

■MAP

ピックアップ記事